クレジットカードの現金化で利用停止になったら?

クレジットカードの現金化カード利用停止の恐怖体験

 

急にお金が必要になった際、クレジットカード現金化という言葉を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、利用した事がある方も多いかもしれませんね。

 

『クレジットカード現金化』とはそもそも何なのでしょうか。
巷の噂では、クレジットカード現金化はヤミ金による悪徳商法と耳にした事もあります。

 

ではなぜ、悪徳商法とまで言われているクレジットカード現金化の利用者が後を絶たないのでしょうか。

 

現金化することのリスクが気になるところです。

 

 

クレジットカード現金化とは何か

 

クレジットカード現金化とは何か

 

クレジットカード現金化とは、利用者がクレジットカードのショッピング枠で買い物をして、それを換金してもらい、現金を得るという資金調達の手段です。

 

中にも「買取方式」「キャッシュバック方式」の二つの種類があり、多くの現金化業者が「キャッシュバック方式」を採用しています。

 

クレジットカード現金化業者が行うキャッシュバック方式とは?

 

現金化における注意点とは

 

クレジットカード現金化業者が行うキャッシュバック方式

 

上記で出た通り、利用者はクレジットカードのショッピング枠を換金して現金化をする方法で現金を得ています。
その一方でクレジットカード現金化業者は、換金する際に利用者から手数料を得ることで利益を出しています。

 

しかし、クレジットカードを現金化することはカード会社に認められていません。

 

クレジットカードのショッピング枠での買い物は、翌月または数ヶ月に渡ってカード会社に料金を立て替えてもらって成立する売買方法なわけですから、カード会社からすると宜しいことではないですよね。

 

現金化したことがカード会社に発覚すると以下のような制裁を受ける場合もあるのです。

 

  • クレジットカード利用停止
  • 悪質だと判断された場合、クレジットカード会員資格剥奪
  • 利用代金一括請求

 

利用者の法的な問題点とは

 

利用者の法的な問題点とは

 

結論から言うと、利用者が法的に違法行為とみなされたケースはありません

 

そして、現金化業者も優良店とされる会社の一般的手法のキャッシュバック方式も違法ではないのです。
※景品表示法の分類の一つで総付景品(別名/もれなく型)に該当するため合法

 

日本には「法令不遡及の法則」というものがあり、以前は合法だったものが法の改正により違法になる事がありえます。
この法律が可決されたからと言っても、法の改正以前の行為は罪には問われません。

 

そもそも今現在までに利用者が逮捕されるといった事案はなく、法的には安全なのです。

 

例外として逮捕者が出ているケースは、ヤミ金や悪質業者が行う違法な取引きによる「出資法違反」「詐欺罪」等での被害があるからなのです。

 

安全にクレジットカード現金化を利用する方法は?

 

冒頭の方で説明したように、クレジットカードの現金化には二つの種類があります。

 

買取方式

 

買取方式は、換金性が高い商品を購入し、その商品を現金化業者に転売することによって現金を調達する方法です。

 

換金性が高い商品をクレジットカードで買うと、換金目的にショッピング枠を利用している可能性が高いと目をつけられてしまう可能性が高くなります。
例(新幹線の回数券・アマゾンギフト券・ブランド品)

 

商品券・ギフトカードは規制が入り、クレジットカードの購入ができません。
ギフト券や新幹線の回数券を大量に購入しているのはカード会社から怪しまれてしまいます

 

新幹線の回数券の場合、換金目的で購入した約9割の方にカード会社より購入経緯を確認するための連絡が来るほど危険なのです。

 

買取方式を採用している現金化業者は安全に現金化できるとは言い切れません。

 

キャッシュバック方式

 

キャッシュバック方式は利用者が安全に現金化できるよう、通常のショッピングと変わらない商品を扱っているところがほとんどです。
例(パワーストーン・百円均一で売られているおもちゃ等・CD等の情報商材)

 

そのため、カード会社から疑われる可能性は少ないのです。

 

この点を踏まえ、安全に現金化を行っている人の大半がキャッシュバック方式を採用している現金化会社を利用しています

 

しかし、キャッシュバック方式を採用している現金化業者だからと言って必ずしも安全だとは限りません。

 

どちらの方法にせよ、悪質な業者は存在しているのです

 

クレジットカード現金化の利用を考えているのであれば、優良店と言われる現金化業者を見極める必要があります。

 

まとめ

 

まとめ

 

以上の事から、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の利用規約違反ではあるものの合法であることが分かります。

 

審査や収入証明の提示が不要であったり、信用情報機関に名前が載る事もありません。
利便性の高い資金調達の手段であることには違い無いでしょう。

 

いくら資金調達が便利だからといっても、カード会社から怪しまれるリスクを無くすためには優良店と言われる会社で現金化することが一番の近道であることを忘れてはいけません。

 

現金化業者というのは山ほどあります。
悪質な業者はどこまでも悪質です。情け容赦の無い業者もいるでしょう。

 

しかし優良店は利用者がより安全に利用できるよう、きちんとした策を持っています

 

自分に合った優良のクレジットカード現金化業者を見つけることが大切です。

最新更新日2017/8/22